FAQ

よくあるご質問

全般

あいにく現状では対応しておりません。

はい。SAFEDOMEは国が定める認定検査機関から技術基準適合証明(技適)を受けております。

はい。SAFEDOMEが使っている低消費電力版Bluetoothは、ほとんどの航空会社で、飛行中の使用が許可されています。Bluetoothを切るよう言われたら、カードやキーファインダーの詳細画面で電源をオフにしてください。その場合、スマホのBluetoothもオフにする必要があるかもしれません。カードを再びオンにするには、ボタンを強く長押ししてください。

はい。海外でもご利用頂けます。

厚さは1.25mmになります。お財布に入れても気にならない薄さです。

はい、ちょうど同じ縦横幅なので、クレジットカード入れに入れておくことができます。

いいえ。本カードが発信するBluetooth信号を、RFIDブロッカーは遮断したり、妨害したりする為、使用できません。

はい。PC用バッグ、スーツケース、端末など、なくしたくない物の中にSAFEDOMEカードを入れておくことで利用できます。

Load More

アプリ

SAFEDOMEの位置情報は、スマホのGPSに依存している為、スマホ側のGPS精度に左右されるからです。特に、屋内や地下においてGPS精度が低くなる場合があります。

はい。アプリ画面下部をタップすると、なくした場所の詳細を確認することができます

はい。「名前とアイコンを編集する」をタップして変更してください。

アプリの指示に従って頂くか、取扱説明書、FAQコーナーを参照してください。ご不明な点は、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

はい。初期設定にてメールアドレスを登録し、アカウント認証することでアプリをご使用頂けます。

Android5.0以上のOSがインストールされている、BLE(Bluetooth Low Energy)対応の端末に対応しています。BluetoothとSAFEDOMEを快適にお使いいただくため、Androidを最新の状態にアップデートしておいてください。

iOS9.0以上のOSがインストールされているiPhone 5S以降の端末に対応しています。iOSを最新の状態にアップデートしておくことを強くお勧めします。

iPhoneの場合はAppストアから、Androidの場合はGoogleプレイストアからインストール頂けます。「SAFEDOME」と検索してみて下さい。

はい。日本語です。

Load More

接続

はい。アプリ内の「オフにする」ボタンよりON/OFFにできます。

まず、古いスマホと接続していたカードをアプリから削除します。次に、新しいスマホでSAFEDOMEアプリを再インストールし、カードとペアリング(接続)してください。

はい。1台につき最大5枚までのカードを接続することができます。

他の電子機器が発する電波や周囲の環境により、カードとスマホとの間のBluetooth接続が切れることがあるからです。

接続が切れる距離は、周囲の環境や他の要因によって異なります。壁などの障害物、Wifi電波などの干渉を受ける屋内では約15mです。屋外では、約30mです。

Bluetoothトラッカーはスマホと接続中のみアプリ上の位置情報が更新されます。その為、スマホと接続が切れた後は位置情報の追跡ができません。一方、GPSトラッカーはスマホとの接続なしで位置情報の追跡が可能です。近くにスマホがないと機能しないBluetoothトラッカーに対し、GPSトラッカーは単体で機能します。

Load More

アラーム

いいえ。あいにくカードの音量を大きくする機能はございません。

はい。アプリの地図上で、「タップして鳴らす」をタップすることでカードを鳴らすことができます。

はい。アプリ設定画面のアラーム音から変更できます。

設定>アラーム音>アラーム音を選ぶ

アラームが有効になっていない可能性があります。アラーム>カード設定にチェックを入れて、アラームを有効にして下さい。

または消音エリア設定が有効になっている可能性があります。消音エリア設定で、「家」や「仕事場」を追加した場合、アラームはそれらのエリア範囲内では鳴りません。

アラーム>カード設定>チェックして有効にする

アラーム>消音エリア設定>新しい場所を追加する

スマホがサイレントモードになっているか、スマホが小音量に設定されている可能性があります。

アラームタイマーをオンにすると、接続が切れて1分経過するまではアラームが鳴りません。これにより、カードが近くにある状況で一時的に接続が切れてしまった時のアラームや誤作動を防ぐことができます。この機能は、設定画面でオフにすることもできます。(接続が切れると同時にアラームが鳴ります)

設定>アラーム音>アラームタイマー

周囲の環境やその他干渉によりカードとスマホの接続が切れ、そのために誤ってアラームが鳴る場合があるからです。接続がよく切れる場合、アラームタイマーをオンにしてください。

カードのボタンを押してください。スマホが接続されていれば、サイレントモードでもアラームが鳴ります。

はい。アラームをオンにしている場合、SAFEDOMEとスマホの接続が切れた1分後、すなわち財布をなくした1分後に通知が送られます。アプリの地図上には、接続が切れた場所(財布をなくした場所)と日時が表示されます。

Load More

バッテリー

いいえ。Qi対応で規格のバージョンが同じ(Qi 1.2.3)充電器の場合は充電できることもありますが、100%充電できるという保証はございません。

はい。このワイヤレス充電器は、世界中で普及している最新のQi無線規格(1.2.3)に対応している為、この規格に対応しているスマホ、時計、ヘッドホンなどを充電することができます。

いいえ。あいにくバッテリー残量低下時の通知はございません。

はい。アプリ内にバッテリー残量が表示されますので、そちらより確認することができます。

はい。充電中はカードの青いランプが点灯します。カードの充電が0の場合(完全に放電している場合)、青いランプが点灯するまで数分かかる場合があります。

いいえ。カードはBLEを使用している為、通常はバッテリーの1~3%しか使用しません。その為、電池の減り方が目に見えて早くなることはございません。

電池残量により異なりますが、フル充電には約1時間かかります。

ワイヤレス充電パッドに描かれたカードの輪郭に合わせてカードを置いてください。充電中は、カードの青色のランプが点灯します。

SAFEDOMEリチャージの場合、使用状況によりますが、バッテリーは3~4ヶ月持ちます。アイテム情報画面を上にスライドして、バッテリー状態を確認してください。バッテリー残量が少なくなっている場合、Qi対応のワイヤレス充電器の上にカードを置いて充電してください。

はい。専用の充電器が付属しております。

Load More

その他のトラブル

初期不良品の場合、新品と交換致します。カスタマーサポートにご連絡下さいませ。

ファームウェアをアップデートする際に問題が発生するスマートフォンがまれにあります。一度カードとスマホの接続を切った後、再び接続してください。その後、ファームウェアをアップデートしてみてください。

ランプが故障しているか、カードが初期不良により充電できていない可能性があります。カスタマーサポートまでお問い合わせ下さいませ。

カードとスマホが十分近くにある状況で、以下のことをお試し下さい。

・(スマホの設定画面から)Bluetoothをオフにし、10秒後に再びオンにしてください。その後、接続してみてください。

・周囲のWifi機器をオフにする、又はWifi電波がない状況で、再度接続してみてください。

・カードのボタンを押して、赤いランプが光るか確認してください。赤いランプが光らない場合、SAFEDOMEカードの電池残量が0または少ない可能性があります。1時間ほど充電してから、再度接続してみてください。

・スマホの電源を切り、その後もう一度電源を入れて起動させてください。その後、再び接続してみてください。

Load More

トップへ戻る